HOME > 外装塗装 > 外壁塗装 >

外装塗装のタイミング

色が褪せてきている!?

日が当たりやすい外壁を見てみてください。
写真のように外壁が色あせていませんか?日焼けによるものや、
雨によくあたる場所は注意です!
また、施工業者の腕(仕事)によって、色あせの原因となっている場合があります。

湿気の多い場所の外壁も色が褪せやすいので、一度確認してみてください!


触ると粉がついてくる・・・チョーキング現象

黒板を指で触って、指にチョークの粉がついた経験は誰もがあるかと思います。

そのような状態をチョーキング現象といいます。

原因は塗料の粉が数年経つと浮いてくることにあります。
つまり外壁は永久に塗ったそのままという訳ではなく、いずれはなりうる現象です。
チョーキング現象がある外壁も、塗り替えのタイミングと言えるでしょう!


ひび割れがある・・・クラック

原因は、近くの道で車が通った際の振動や、地震などの揺れがあります。
その他にも、壁の中の湿気により、外壁が膨張してひび割れが生じます。

こうなりましたら、大きな地震がきたら非常に危険です!
早めの塗り替えをお勧めします!


塗料がはがれる

家(外壁)そのものの耐久年数が経っている、
限界を超えた自然の揺れ(地震など)によるもの。

この状態になりますと、見た目も綺麗とは言えません・・・。

外壁を塗り替えるだけで、家もずいぶん新しく明るく見違えます。
お家にあった外壁をアドバイスさせて頂きます!


カビ・コケが発生

日当りが悪い場所、湿気が多い場所は、カビやコケが発生しやすく、
外壁の防水性・耐久性が失われます!

外壁はお家に色を塗っているだけではありません。
外壁の防水性・耐久性を上げることで、お家自体を長持ちさせてくれます。

カビ・コケを発見したら、塗り替えをご検討ください・・・